バストアップには痩せすぎはダメ?

若い頃にエステの仕事をしていたんですが、その時に補整下着の勉強をしました。あまりの締め付け感の強いものは血流が悪くなり良くないそうで、ブラ線の跡が色素沈着したり苦しいだけでスタイルは良くなりません。

 

補整下着とは着ているときは胸も出来てウエストはキュっとなり服もキレイにきこなせます。補整下着とは着ているときにスタイルが良く見えるだけでダメです。

 

補整下着も着ていなくてもそのスタイルを維持出来てるような体型を作り上げる事です。理想のボディラインを求め、一度つけたらやめられないと言われますが、バストアップを重点に置くならスタイル気にしすぎた痩せすぎに注意する事。

 

なので、胸にしてもウエストにしても、ケアが必要なのです。ストレッチや適度な運動、食事に生活習慣。なかなか大変です。

胸が欲しければ、太りなさい

ただ、元々痩せた身体の人はおっぱい周りに余分な贅肉が着いていないので、補整下着でもなかなか厳しです。寄せる肉がない…!って事なんです。

 

当時の補整下着の先生に胸が欲しければ、太りなさいと言われました。

 

なんて事でしょう、女性に太りなさいなんて…でも仕方ないんです。寄せる贅肉がないのだから…。胸も、ダイエットも女性の永遠のテーマではないでしょうか。

 

元々痩せたい人、胸を落とさずダイエットすれば良いのでしょうが、元々ガリガリさんは食べても太れないって言いますよね?

 

胸を落とさず、痩せるより、一度太って胸を作る方がはるかに難しい事に思えます。まぁ痩せたい人からしたら胸がない方がいいじゃない、って思うかも知れませが。きっと胸がないガリガリは太って胸を作りたいって感じるでしょう。

 

やっぱり女性と言うのはないものねだりなんですかね?だから補整下着でスタイルが良くなる人はポッチャリちゃんで胸を落とさずダイエットに成功出来る人が一番確率が高いと思います。

 

ガリガリさんも憧れますが、胸に関しては考えものですね。痩せすぎている人は少しお肉をつけることを意識してみると良いかもしれません。

ただ太るだけのバストアップには注意

ここまでバストアップしたいなら太りましょうと言ってきましたけど、ただ太るだけだと全体的にぽっちゃりになります。当然です。

 

おっぱいはほとんど脂肪なので、太ると自然に胸周りの脂肪が増える。グラビアアイドルなんかが、太って痩せたらおっぱいが大きくなったってのは良く聞きますよね。

 

痩せる時のちょっとした注意点をご紹介していこうと思います。

食事制限はNG

太っても全部おっぱいに脂肪がつくわけじゃありません。おっぱいの周りの脂肪を残しつつ不要な脂肪を落とすにはどうしたら良いのでしょうか。

 

食事制限だけのダイエットは止めましょう。栄養が足りず胸にまで届かなくなるので、痩せるとおっぱいも自然に落ちる。

 

特に、最近はやっている糖質無しとか炭水化物抜いてしまうと、一緒にアミノ酸も減るから血液の循環が悪くなります。

 

バストアップと冷えの関係はこちらから。

 

大胸筋を少し鍛えておくと周りに流れてしまう脂肪を引き締めて逃がさないようにできるのでお勧めです。

バストアップに失敗し続けてない?クリームやサプリメントも効果無し・・・。
まずは正攻法から試してみませんか?
私が実際に試して効果があった【本物のバストアップ方法】をご紹介しています。