バストアップ実践中のストレスに注意する

今現在バストアップにはかなり多くの手段があります。昔から言われ続けている「揉むと大きくなる」を発展させたマッサージ、バストアップの効果を発見された栄養素を含む食品やサプリメント。

 

姿勢から見なおしてみたり、筋トレで胸筋を鍛えることにより土台からバストを大きくする方法なんかもあります。

 

バストアップ法は多岐にわたり、どれが一番効果的かは断言できませんが、どのバストアップにも共通する注意点は明確です。それはとにかくストレスを溜めない生活をすることです。

 

アプローチの仕方が変わっても、バストアップの基本理念は女性ホルモンを増やすことで胸を大きくする、と言うものです。そして、女性ホルモンを充分に分泌するには、ストレスが一番の敵になります。

 

1つのバストアップ方法に失敗したとしても、私には合ってなかったんだね次を試そう。私の胸の成長は遅いんだ、これからきっと成長していく晩成型なんだ!といった諦めないボジティブさも必要です。

 

バストアップは正しい方法をとることで必ず成功するものなので、根気よくボジディブにストレスをためずに頑張りましょう。

 

バストの成長は中学生ごろからと思っている人もいますが、実際高校から成長したり、大人になってから成長する例もありますので諦めてはいけません。

 

ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れ、ホルモンの量が落ち、女性ホルモンの分泌が不安定になるというのは聞いたことがあると思います。

 

いくらバストアップ法で女性ホルモンを増やそうとしても、ストレスで抑えられてしまえば、本来効果のある方法でも結果には繋がりにくくなるのは明らかです。

ホルモンバランスが乱れるとどうなる?


ホルモンバランスが乱れるとお肌への影響も高まり、荒れがちに。ホルモンバランスの乱れは生理不順、生理痛、自律神経失調症、不妊になってしまったりと良いことがありません。

 

ストレスだけでなく、不規則な生活、食事、睡眠が足りていないなどの様々な原因もあるので注意したいですね。

 

なので、バストアップを図っている間は、食事・スポーツ・読書・お風呂、どんな方法でも良いですが、ストレス解消にも力を入れると良いでしょう。

 

数多のバストアップ法の共通問題がストレスなのは間違いないので、どのバストアップ手段を試すか考えるなら、まず自分が一番ストレスを解消できる方法を考える。

 

そのストレス解消法の邪魔にならないバストアップを選ぶべきです。

私が思うオススメのストレス解消方法

うまくホルモンバランスを整えるために、私が行って特にストレス解消となったもが質の良い睡眠でした。簡単に睡眠をとるといっても、なかなかすぐに寝付けない方もいるかと思います。

 

基本的には20分〜30分ほどで寝れ、途中で何度も起きる事なく、まだ寝足りないと思わずすぐに起きれる状態が良い睡眠と言えるそうです。

 

しかしながら、なかなか朝すぐに起きれる状態になっていることは無いと思います。

 

私も、朝はいつも二度寝したい〜と思っていました。そんな私の方法はというと、「夜遅くはスマホやパソコンを触らない」「寝る前にお風呂に入る」の2つです。

 

 

スマホやパソコンの光はかなり強く、長時間浴び続けると睡眠障害になる恐れがあります。スマホを寝る前まで使っていてなかなか寝れない人は、この睡眠障害になっている可能性が。

 

寝ようと思った1時間〜2時間前にはスマホやパソコンは使わないようにしましょう。

 


2つ目の寝る前にお風呂に入ってから寝る方法をとると、丁度1時間〜2時間になっておすすめです。

 

この時のお風呂はぬるま湯で。熱すぎると体温が上がりすぎて寝れなくなります。体温を上げすぎずにのんびりリラックスして入ってみてください。

 

体温が下がると眠くなります。それを利用して、お風呂から出て自然に体温が下がって来た段階で、そのまま寝るようにしています。

 

いかがでしたか?ストレスをためないで快適なバストアップを目指しましょうね!

バストアップに失敗し続けてない?クリームやサプリメントも効果無し・・・。
まずは正攻法から試してみませんか?
私が実際に試して効果があった【本物のバストアップ方法】をご紹介しています。