バストアップには姿勢が大事

 

奇麗な女性の背筋はピンと張ってかっこよく見えます。背筋の奇麗な女性は胸元が美しくバストラインが奇麗。背筋の奇麗で胸元が美しいのは、女性の皆さんの憧れのスタイルではないでしょうか。

 

姿勢が悪いと、首や肩に負担がかかってしまいます。負担がかかることで肩や首のコリとなって表れるのですが、これは血行不良が原因の一つでもあるようです。

 

胸が小さいからといって自然に猫背ぎみになり、胸を隠そうとしていませんか?猫背になると姿勢が悪くなり自分で胸の成長を妨げてしまっています。

 

私たちの体を流れる血液は全身の細胞に酸素や栄養を運んでくれます。でも姿勢が悪いことで血行が悪くなり、全身に栄養が行き届かなくなってしまうのです。

 

そしてバストへ届くはずの栄養が届かなくなるのです。バストのほとんどが「90%の脂肪」でできています。

 

奇麗なバストを作るために必要な脂肪が、バストに付かないためにバストアップができなくなってしまいます。美しいバストを手に入れるために正しい姿勢を保ちましょう。

正しい姿勢

 

壁に背中を向けてつま先を少し開き後頭部、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとを壁に付けて立ってみます。これが理想の姿勢です。

 

背筋を伸ばし、あごを軽く引きましょう。胸を開いておへそに軽く力を入れる感じです。ここで胸を張りすぎてしまうことに気をつけます。腰が反ってしまうと腰痛の原因にもなってしまいます。

 

正しい姿勢を確認できたらそれをキープして、お腹とお尻にキュッと力を入れて前を向いて歩きます。

猫背に注意

 

座っているときも猫背になりがちです。椅子に深く座って目線の高さをほぼまっすぐに合わせ、足をしっかり床につけます。腰かけた時、腰がスッと立っていることを意識しましょう。

寝るときの姿勢

 

寝るときの姿勢も大切です。うつぶせで寝るとバストが圧迫され、バストへの血行が悪くなります。

 

うつぶせでスマホや本を読んでいたりする事も、バストがぎゅーっと押されている状態が長時間続きます。

 

この様なうつぶせ状態が続くと、血行の悪さでバストへの栄養を十分に運べなくなってしまいます。

寝る時は仰向けで

 

バストに付くはずの脂肪がバストの周辺に流れてしまってバストダウンの原因になります。バストをつぶさないために、血行を悪くしないためにも仰向けで寝ることを心がけましょう。

 

このように「バストアップと正しい姿勢には重要な関係」があるのです。姿勢の悪さが血行を悪くして、血行の悪さがバストダウンに繋がっていく。なにげない普段の悪い姿勢がバストアップの邪魔をしているのですね。

 

今まで保っていた姿勢を急に正すのはとてもきついですしストレスになることもあります。自分に合ったペースで身体に負担のないように、少しずつ改善できるように進めていきたいですね。

バストアップに失敗し続けてない?クリームやサプリメントも効果無し・・・。
まずは正攻法から試してみませんか?
私が実際に試して効果があった【本物のバストアップ方法】をご紹介しています。