バストアップには『成長ホルモン』が重要

バストアップとホルモンの関係性については、色々な場面で語られています。ホルモンの分泌で、バストの大きさも変わってくる。なんとなくわかる気もしますが、良く知られているのは女性ホルモンの影響ではないでしょうか。

 

女性ホルモンのケースでは、排卵の準備をするホルモン・エストロゲンと、黄体(排卵後の卵胞)から分泌されるホルモン・プロゲステロンの影響で、丸みのある体型になったり、バストアップにつながることがあります。

 

バストアップに関係するホルモンには、女性ホルモンの他に成長ホルモンもあります。もちろん個人により変わりますが、女の子のバストの成長段階は、小学校の低学年くらいからバストの成長が始まるようで、 平均的には12歳前後が最もバストが成長すると言うデータがあります。

胸を大きくする要因とは

胸が大きくなる要因として、ラクトゲン受容体が関係しているという説があります。女性はバストの乳腺の中にラクトゲン受容体ができる年齢があり、個人差はありますが、ラクトゲン受容体の成熟に合わせて成長ホルモンが多く分泌され、作用するとバストが大きくなる場合があるそうです。

 

つまり、バストアップには、乳腺の細胞組織(ラクトゲン受容体)とそれを刺激する成長ホルモンの関係が大切だと言う事です。

 

ラクトゲン受容体は、一般的に大体10歳から40歳くらいの間に成熟するといわれています。人によっては成長期が終わった20代でまだ成熟していない場合もありますので、それがバストのサイズに関係することもあります。

 

そして食生活や睡眠不足などによって成長ホルモンの分泌される時間が少なく、本来の正常な成長ホルモンの力が働かないとバストが大きくならないこともありますので、成長ホルモンはバストアップにとても重要なのです。

バストアップに失敗し続けてない?クリームやサプリメントも効果無し・・・。
まずは正攻法から試してみませんか?
私が実際に試して効果があった【本物のバストアップ方法】をご紹介しています。