豊胸手術の危険性って?

女性にとって、美の追究は永遠のテーマです。スタイルを魅力的に部分調整する豊胸手術は、バストにコンプレックスをもつ人にも、悩み解消の有効な手段でもあります。

 

ただ、手術によるバストのサイズアップは、体にメスや異物を入れる抵抗感や、失敗しないかなどの不安があると思います。実際、豊胸手術には、人によってリスクや後遺症の危険が潜んでいます。

 

広告の記事や体験談を見て、メリットばかりに気を取られ、安易に手術を決断すると、思ってもいなかった状況に陥るリスクがあります。その危険性をご説明します。

 

人工乳腺法、プロテーゼ法

第一に人工乳腺法、プロテーゼ法とも呼ばれ人工的に作られたバッグプロテーゼをバストに挿入して、バストアップを行う豊胸手術法です。人工乳腺を乳腺下や大胸筋下に挿入することでの危険性は、合併症として手術後の出血が溜まる『血腫(けっしゅ)』のリスクが考えられます。

 

血腫が大きい場合、抜き出す処置をしなくてはなりません。手術後に強い痛みがあり、通常の生活に回復するまでの時間、つまりダウンタイムが長く痛み止めが必要です。

 

そして、豊胸バッグは体にとっては異物になるため、膜を作って防御しようとします。この時、より厚い膜が作られバッグを締めつけると、その分バストが堅くなったり、形が不自然になったりする『カプセル(被膜)拘縮』のリスクがあります。

 

手術費用も最低70万〜90万程度必要になります。

 

脂肪注入による豊胸

第二に、脂肪注入による豊胸のリスクですが、比較的後遺症が多く報告されている手術方法です。脂肪を吸引するという工程もあるため、脂肪を吸引した痕がデコボコになって残るという後遺症の可能性があります。

 

脂肪注入の場合は自分の脂肪を使っているので拒否反応の危険は無いでしょう。プロテーゼ法よりも感染の危険も低くなります。

 

ただし、大量の脂肪が必要な割に使える量は少なく、必ず定着するわけでもありません。脂肪が流れてしまって、通常であれば溶けてなくなる脂肪も、強制的に注入するせいで全て溶けずに脂肪が固まり、しこりや石灰化を起こしてしまうこともあります。

 

しこりは、注入した脂肪が壊死してしまい後遺症として残ります。脂肪を1か所へ集中して注入、または多量に注入したりすることが原因です。さらに被膜で覆われ石灰化を引き起こすと、より堅くなってしまいます。

 

そうなってしまうと、乳癌を早く特定することが難しくなりる欠点があります。

 

脂肪注入費、バッグプロテーゼ代、静脈麻酔代、処方薬代など合わせると、費用も高くなり最低120万〜150万程度かかってきます。

 

ヒアルロン酸注入豊胸

第三に、ヒアルロン酸注入豊胸の危険性ですが、まず、ヒアルロン酸注入の方法は、シリコンバッグや脂肪に比べて素材の感触が堅いため、手術後、触り心地が以前に比べて、不自然に感じてしまうこと。

 

次に、ヒアルロン酸の周囲にできる被膜(カプセル化)により、しこりや乳房の変形ができてしまうこと。左右で大きさが変わってしまう危険性があります。

 

一番手軽でリスクも少ない方法ですが、1カップアップに平均100cc程必要で、両胸で200cc必要になります。かかる費用はそれでも最低50万〜70万程度はかかります。

 

何十万円と使って成功しても、ヒアルロン酸豊胸は平均で1年から2年程度しか持たないのです。

 

このように、豊胸手術というのは、いくつもの危険性のある手術です。

術後の後遺症にも注意

手術が無事成功したとしても、その後バストがしびれるケースもあります。

 

確率は低いものの、このしびれが1か月程度、長い人で1年近く続く場合もあって、中には一生しびれ続ける人もいます。

 

ちょっと脅しのように怖い失敗のリスクをお話ししましたが、リスクを知っておくことは大事だからです。安易に大きくしたいから手術しようかと簡単に決めない事。

 

独学も大切ですが、必ず決断する前に、手術の内容やリスクについて医師と相談できる機会を作り、最終的に自分で判断することです。手術前の十分なカウンセリングと、正しい知識を聞いた後で、後々後悔のない手術に臨むべきです。

 

あくまで手術は最終手段として、まずはお手軽に試せるバストアップ方法でのチャレンジをオススメします。

バストアップに失敗し続けてない?クリームやサプリメントも効果無し・・・。
まずは正攻法から試してみませんか?
私が実際に試して効果があった【本物のバストアップ方法】をご紹介しています。